ぎっくり腰を一日でも早く楽にするための3つの大切なポイント - 鎌倉市 大船で腰痛 ぎっくり腰解消の整体

からだのしくみ工房

日記・ブログ

ぎっくり腰を一日でも早く楽にするための3つの大切なポイント

ぎっくり腰を一日でも早く楽にするための3つの大切なポイント

Img_8130mini

ぎっくり腰になってしまった時に大切な三つのポイントを紹介します

1.

まずはしっかりと安静を心がける

痛めてしまった腰を自力でなんとか治そうと

普段やらない体操やストレッチを始めたり

腹筋などの筋トレを始めてしまう人が少なからず見受けられます

ぎっくり腰の時に体を動かすと出てくる痛みというのは

現状では、身体を動かして欲しくないと言う自分自身の身体からのメッセージです

無理して動かしたり運動したりしようとせず

しっかりと体を休めて回復する時間を与えてあげましょう

2.

痛めてしまった患部は炎症を起こし熱を持っています

しっかりと冷やしてあげてください

ぎっくり腰起こしてしまった患部は炎症を起こしてしまっているので

例えて言うなら、熱を持ち赤く腫れた状態になっています

使い捨てカイロを使用したりお風呂に入って患部を温めたりしようとすると

熱を持って腫れてしまっている患部の炎症を強めてしまう可能性があります

特にぎっくり腰になったばかりの急性期においては

アイスパックなどを使いしっかりと冷やしてあげることが重要です

お風呂もシャワー程度にしていただいて温めるのを控えてください

(寒い冬でも薄着で過ごし体を温めないという考え方ではありませんのでご注意ください)

3.

消炎鎮痛剤などを上手に活用しましょう

ぎっくり腰になった時に整形外科で処方される消炎鎮痛剤や湿布薬などは

「効果がない」といって整形外科を受診しないあるいは薬を使わないという方がいらっしゃいますが

特にぎっくり腰の急性期においては炎症の反応が強く痛みも強く感じてしまっているため

飲み薬や湿布などの効果を実感できない場合が多いと思いますが

薬はしっかりと効いてきているので炎症のピーク(痛みのピーク)が過ぎ

回復に向かう時にそのスピードを後押ししてくれることが考えられます

せっかく整形外科を受診していただいた消炎鎮痛剤であれば

有効に活用していただいて1日も早く回復していただきたいと思います

以上特に目新しい話ではありませんが

ぎっくり腰の痛みを早く治したい方の手助けになれば幸いだと思います



からだのしくみ工房 石塚鍼灸整体治療院


腰痛専門ページ https://jp.ilb.io/youtsu/000000091/

Web site http://karadanoshikumi.com


YouTube: ぎっくり腰を一日でも早く楽にするための大切な3つのポイント!

この記事を共有する

腰痛・ぎっくり腰を解消したい方へ

鎌倉市,大船駅の整体

累計6万人以上の改善実績 初回割引特典あり 大船駅東口より徒歩3分 治療歴25年の信頼 体験談多数掲載中

【初回限定】慢性腰痛を解消したい方へ(1日3名限定)

慢性腰痛 解消コース 整体治療(初検料+施術料)約60分

通常料金6,000円→4,000円(税抜)